お役立ちサイト!
クローゼットでくすぶってる古着たち

クローゼット

クローゼットの大掃除をしました。
何年ぶりでしょう、洋服処分を決行しました。 まめに片づけるのもいいですが、こうやって数年ぶりに片づけると、明らかに必要なもの不要なものが目に見えてわかります。 コートやジーンズ、Tシャツなども、いつか着るかもしれないと思って、ずっと置いてたものが多いです。 潔く、不要の山を作りました。

全部捨てます。 服を見てると「長年着ていたなぁ」など、感慨深くもなりますが。
古着買取やフリーマーケットなどがありますが、私はどうもああいうのが苦手なのです。 それに、人様に売り渡せるようなブランド物でもないし、第一キレイでもないですし。 これ売ったら、いくらか収入になるだろうか、と頭をよぎることもありますが、やはりできないです。 古着買取などへ足を運ぶような手間をかけれないという面倒くさがりでもあるんです。

明日、資源ごみ回収がやってくる日です。
45L袋2つにパンパンに詰められた古着たち。 サヨナラします、あっけなく。
これでクローゼットはスッキリしました。 結局、気に入って着る服は決まってたりするので、困ることはないでしょう。 ただ、また似たような服を買って、クローゼットの肥やしにしないように気をつけなければ、と思います。

〜 賢い洋服の処分方法 〜

何年も着ていない洋服、結局数回しか着なかった洋服、引っ越しや衣替えで必ず出てくるいらない洋服の処分に困ったことはありませんか?
洋服の処分には地域によって処分する際の決まりがあり、これが大量の洋服となると大変手間がかかります。
そんな時にお薦めなのが古着買取です。ネットには古着専門の買取業者が多数存在しています。
洋服を業者に宅配で送る際の料金を、無料サービスしてくれる所もあるのでとても便利です。
ある程度の量の洋服をなるべく良い金額で買い取ってもらうために、まず大まかにハイブランドのもの、それ以外というように分けます。
宅配で送る、もしくは直接店舗に持っていく場合でも、一度綺麗な状態にしてから売った方が良いのでブランドものは、お洒落着洗い専用の洗剤で、それ以外は各自選択表示に従って洗います。 選択前に、シミやほつれ、ポケットの中身のチェックもしておきます。
その上でアイロンをかけられるなら、なお良いです。 ハイブランドの洋服は、購入した時に付いていたタグやボタンを保管しているのであれば、それも一緒に買取りしてもらいます。
なるべく購入した時と同じ状態に近づけて買い取ってもらうのが、賢い洋服の処分方法なのです。


Home | Copyright ©2016 クローゼットでくすぶってる古着たち